ビジネス名刺の使命

どの方法を選ぶ?ビジネス名刺を作る方法

ビジネスシーンには欠かせないのがビジネス名刺の交換です。名刺はまさに自分自身の分身であり、ひいては会社の顔となる重要なアイテムです。そんなビジネス名刺の作成には大きく2種類の方法があります。

ビジネス名刺ってどんなものなの?

ビジネス名刺はビジネスシーンで初対面の相手に渡されるアイテムです。もらった名刺はその後名刺ホルダーなどに保管されるのが一般的です。何かのきっかけで再度連絡が取りたくなった場合などに、再び取り出され利用されることになります。その為には渡した相手の記憶に残るような名刺を作る事が重要です。名刺に記載する情報のチョイスもポイントとなるでしょう。日本ではビジネス名刺の標準的な大きさは91mm×55mmです。海外では大きさも形も素材ですらも様々で、特に近年は今までにないようなおしゃれな名刺も多く使われています。アメリカのビジネス名刺は日本のものよりも小さめのものが多く、日本人の名刺は折ったり切ったりなどして保管されることもあるようです。

記憶に残るビジネス名刺とは?

ビジネスマンは非常に多くの名刺をもらいます。ビジネス名刺はビジネスチャンスの入り口に位置する重要なアイテムです。後から名刺を見て、「ああ、あんな人だったな」と思い出して貰えるようにするためには、名刺という狭いフィールドで最大限のアピールをする必要があります。人の記憶に残る名刺の最も大きなポイントは写真の活用とデザインです。名刺を渡した人間とアピールポイントをすぐに記憶してもらえるような印象的な名刺を作りましょう。現在は印刷技術も大変進歩しており、美しいフルカラー印刷の名刺も珍しくはなくなってきています。時々最小限度の情報しか盛り込んでいない名刺を持つ方もいますが、アピールの必要がない場合ならまだしも、せっかくのチャンスを生かさないのはもったいない限りです。

ビジネス名刺を作る方法とは

ビジネス名刺を作る方法には、自分で作る方法と印刷会社などに依頼して作ってもらう2通りの方法があります。自分で作る方法にも、パソコンで自分でデザインし印刷する方法、名刺用ペーパーを買ってきてそのペーパー専門のアプリを使って印刷する方法などがあります。印刷会社に依頼する方法の中にも、印刷会社が用意したテンプレートから好きなデザインを選んで、文字だけを指定して印刷してもらう方法や、専用のテンプレートをダウンロードして自分でデータを作成し、それを印刷会社に入稿して印刷してもらう方法などがあります。ネット上にはバリエーション豊富なデザインのテンプレートが紹介されており、無料でダウンロードして利用することが出来ます。

皆さまから頂くよくあるご質問を回答を含め掲載しています。 自分が閲覧した物件に似たようなおすすめの物件が表示されるので探しやすい! 住む町の雰囲気が知りたい!という方は、いわき市の地域情報を動画にてご覧いただけます。 新卒の採用について会社説明会のお申込みの流れをご案内をしております。 最新の内覧会情報や過去の開催情報を公開しています。 費用が気になる方は、無料のお見積りが簡単に可能です! いわき市不動産のことならおまかせください