ビジネス名刺の種類と使い方について

様々なシーンで使えるビジネス名刺

ビジネス名刺は、社会人であれば必ず持っているといっても過言ではありません。初めての相手とまず名刺交換をするというのが社会人マナーとして浸透しています。この記事では、ビジネス名刺を使うメリット・作り方などについて紹介していきます。

ネットでビジネス名刺を作るメリット

インターネットが普及した現在では、ネットで業者に発注し、様々なデザインからオリジナリティーの高いビジネス名刺を作ることができるようになっています。また、印刷用紙などについても、光沢のある用紙で片面印刷に向いている光沢紙や、両面にレーヨン繊維が編みこまれている和紙、表面に花の模様などがエンボス加工されたフィオーレグロス紙など、一般的な用紙だけでなく、様々な素材がビジネス名刺業者によって用意されています。ビズネスの使用用途やコストを考慮し選ぶことができます。また、少し変ったものでは、ヒノキを使った名刺やガラス、透明アクリルを使ったものも存在し、そのような珍しい素材を使うことで。営業先などで会話を広げる、ちょっとしたきっかけになることもあります。

デザイン性の高いビジネス名刺

ビジネス名刺は、素材のほかにもオリジナリティーを出する上で様々なデザインを選ぶことができます。例えば、中華料理屋を営むオーナーであれば習字風のフォントに変えることで、風格のある雰囲気を出すことができたり、小さな子供を相手にする保育士などであれば、かわいい丸文字の書体で名刺を作ることで、名刺を渡す保護者に対して柔らかいイメージを持たせることができます。
また、文字だけではなく、自分の写真や会社の外観を写真として名詞に印刷することにより、営業先の担当者に顔を覚えてもらえたり、企業の宣伝効果を狙うこともできます。ビジネス名刺の形も、スタンダードな長方形のものからハート型や蝶、花をあしらった物、珍しいものでは折り畳み式のものなども作ることができます。さらに、多くの名刺業者は作る枚数を増やすほど 1枚単価が安くなるように設定しており、送料も一回で済む分、大量発注するとコストを抑えることもできます。

ビジネス名刺は会社員以外の人でも使える

ビジネスマナーとして会社員に使われることが多いビジネス名刺ですが、フリーランスなどの働き方をしている人にも、顧客を獲得するする武器として非常に役立つのがビジネス名刺です。フリーのカメラマンやライター、イラストレーターなど会社に属さない人は、自分の事業内容を相手に伝える際に、名刺に簡単な仕事内容、実績、ホームページを読み込む IQレコーダーを入れることで自分を宣伝できます。また、多くの名刺業者がテンプレートを用意しているため、どのような名称を作っていいのか迷った際も、比較的希望に近いテンプレートを見つけ、思い通りに修正することで理想のビジネス名刺を作ることができます。中には、偉人・著名人の有名な格言を一言添えることができるデザインなどもあり、名刺を使って、意志の強さや思いなどを伝えることもできます。